Aちゃんの邪神周回やってみたいもん♪

あかねルーム(邪神周回初心者用)のブログです。ルーム再開します!

【魔幻の覇王軍】魔法戦士解説

今回は、魔法戦士についての解説です。

臨機応変な対応と、魔戦の相方の動きをきちんと見ることが大切です。

忙しい職ではありますが、やることは決まっているので初めての方でも入りやすい職業だと思います。

f:id:Elf-Achan:20180912191547j:plain

1、必須な宝珠について(必要最低限)

【炎】不屈の闘志武神の剛腕会心練磨鉄壁の魅了ガード(飾り石込み)鉄壁の毒ガード(飾り石込み)、大賢者の御手

【水】始まりの聖女、始まりのキラキラポーン、始まりのチャージタイム、不滅の攻撃力アップ、不滅のテンション、逆境のみかわし

【風】打たれ名人共鳴のテンションアップ、復讐の早読み、ピオリムの瞬き、バイキルトの瞬き

【光】ストームの護りマダンテの極意、フォースブレイクの技巧、マジックルーレットの閃き、おたけびの技巧

【闇】シャイニングボウの極意、ダークネスショットの極意、ロストスナイプの極意、弓聖の守りの戦域

 

2、推奨する装備(錬金)、武器(武器)、アクセ、耐性

【武器】

・左右:スライムショット

 

【装備、おすすめ錬金】

★おすすめ装備:

・頭:hp埋め

・体上:呪い100%

・体下:マヒ100%(あれば毒もついていると◯)

・腕:会心

・足:みかわし、素早さなど

 

【アクセサリー】

・顔;ダークアイ、無い場合はぐるぐるメガネ(魅了80%)

・首:金のロザリオ(hp埋め)

・指:破毒のリング(80%)

・胸:アヌビス(hp埋め)

・腰:輝石のベルト魅了ガード

・札:hp15、攻撃8、攻撃魔力15

・その他:氷闇の月飾り(hpきよ、伝承闇)

・職業の証:忠義(会心

 

【耐性など】 

・必須:呪い100%、毒92%以上(指輪+宝珠)、魅了ガード100推奨(指輪+宝珠+ベルト)、hpは料理込みで630以上。

 

3、準備する定型文

『開幕ctチャージあります。クロックします。』

『開幕ctチャージありません。クロックお願いします。』

『両魔戦開幕ctチャージありません。』  

『ルーレットあります』

『災禍チャージしました』 

『災禍おきます』

 魔戦は開幕にctチャージが引けのかがとても重要です。そのため、武器もスライムショット使用、宝珠も飾り石つきでマックスにします。

 クロックは担当を決めます。その担当者にクロックがきたときは、『開幕ctチャージあります。クロックします。』と早めに言いましょう。

 また、クロック担当者にctチャージが来なかった場合は、『開幕ctチャージありません。クロックお願いします。』と相方へお願いします。

 両方にチャージが来なかった場合は、『両魔戦開幕ctチャージありません。』と宣言し、占い師にわたぼうの皇帝をもらうことで、最速の1940でクロックチャージを打てるようになります。クロックの定型文は魔戦同士の確認のためでもありますが、周囲へのお知らせにもなるので、なるべく忘れないで宣言してね★

 

 マジカルルーレットは、硬直時間が長いため、ラッシュ時にはあまり使わない方が良いでしょう。使うとしたら、DBがくるラッシュの前がおすすめです。その後は流しても良いです。くずれてmpがないときに使ってもいいと思います。  

 

 災禍の定型文は、重ね起きしないための対策です。

 定型文は自分なりにアレンジするのは全然いいのですが、周りに伝わりやすいものにしていただけると助かります。

4、動きのポイント

 今回の敵は、マデサの怨嗟の波動(全属性低下・麻痺・猛毒)、絵のゴシック式ナイフ(攻撃力低下)、印象派のヒトミ(対象とその周囲を魅了)などの状態異常系の技をよく使ってきます。そのため、こまめな弓ポンの更新が必要となってきます。

 マデサの怒り状態の時は、道具の時のみ放置で行きます。怒り状態の時は、いてつくはどうを使わなかったり、怨嗟の波動を道具1人で受けてもらうためです。(そのため、怒られた人の位置どりがとても大切になってきます。)他のルームでは賢者や占い師に対しての怒りも放置する場合もありますが、このルームではシンプルにいきたいので、まずはマデサが道具に怒った時のみ放置していきます。ちなみに絵の怒りは、ラッシュ時以外全て即ロストです。

 魔戦は最速1940でクロックを打てるようになるので、1951くらいから連打しておくと最速でクロックを入れれます。

 場合にもよりますが、1925までにFBを入れて、1909で最速マダンテが基本です。しかし、まものつかいが死んでライガーが遅れそうな時は、少しずらしてあげてください。生き返って、バフの準備がきちんとできたらラッシュに入ります。

1回目のラッシュで倒しきれなかった時は、2回目のラッシュできっちり動けば全滅もせず、倒すことは十分できます。落ち着いて、基本通りの行動をすれば大丈夫です。

 踊り子に必殺の荒神の舞がきた時はおたけびフォローに入ってあげてくだしい。タイミングは、レボルが入るあたりです。

 

 

【まとめ】

 魔戦について、とても長くなってしまってすみません。でも言葉にすると長いですが、動きとしてみれば基本をひとつひとつ丁寧にこなしていけば大丈夫な職です。やることがきっちり決まっているので、入門の方でも入りやすい職だと思います。